ダルマログマオウオツと振り返るDARMAXの歴史 転の2019年(終)
FC2ブログ

同人サークルDARMAX(ダルマクス)のぶろぐだったけど、今はわたしのぶろぐだよ!

マオウオツと振り返るDARMAXの歴史 転の2019年(終)

みんなこんばんは!カズイーヌだよ!

今回の記事内容は「マオウオツと振り返るDARMAXの歴史「転」の2019年」だよ!
まだ2019年は終わってないし、本当なら来年頭にでも公開する予定だったんだけど
ヴォルデモートから「読者を安心させるためにも早めに公開したほうがいいのでは?」
って言われたからもう公開しちゃうことにするよ。


ん?


「読者を安心させるためにも」?


そう。
今回は珍しく(初めて?)ハッピーエンドのお話なんだよね。
わたしは今でも信じられないよ。
みんなも信じられないよね?

でも安心してほしいよ。

あくまでも「最終的にハッピーエンド」なだけで
そこに至るまでの過程はいつも通り……いや、いつも以上に地獄だから。
人によっては胃が痛くなるような内容だから事前に胃薬を準備しておいてね!


・前回までのおさらい
「表」には出していなかったけど「裏」では何度も死にかけ、
鬱を患い、そして詰みかけていた作者の人。
だが、ヴォルデモート卿という被害者理解者に
強制的にストレスを共有、分散させることでなんとか
共倒れ寸前で持ちこたえた作者の人。
鬱も徐々に良くなっていき、生活面での問題は解決したのだが……

sdal.jpg
▲アリスクロ…うっ!……頭が!
※今回のお話は身バレ案件が膨大な量だから重要じゃない部分はガンガン脚色していくよ。



2018年末~2019年1月 罠



昨年末時点でのマオウオツの販売数は5991本だよ!
6000本まであとほんの少し!


やりとり13

▲おなじみのやりとり(生存確認)

鬱が治り(でも恐らく完治ではない)、仕事に完全復帰した作者の人。
3か月以上も仕事をサボっていたのに社長が妙に優しい。
やっぱり鬱をやった人には優しくしなきゃって思うものなんだろうね……

普通の思考を持っている人間なら。

優しくされ、「ああ、やっぱりこの会社は悪くない会社なんだなぁ」と
錯覚してしまった作者の人。
久々に取引のための出張へと向かったよ。社長とともに……

ここで事前情報を一つ伝えておくね。

作者の人、実は前々から何度も社長に
「自分はこの仕事を一生続けるつもりはない」
「やりたいこと(ゲーム製作)があるのでいつかは辞める」
と伝えていたよ。

社長もそれは承諾済み……だったんだけど。

作者の人、なんだかんだで会社の業績にかなり貢献してるんだよね。
昨年6月には会社の存続にかかわる大きな契約を取ってたし。

経営者からしたら……まあ手放したくない人材だよね。

……とりあえずこの話は一旦置いといて、出張先に到着。
今回の取引先は会社と30年以上の付き合いがあり
社長もとても信頼している企業だよ。

取引とは言ってもほんの数十分で終わる簡単な内容。
商談が終わったら旅館へ行って飲み会とお泊り会をするだけの簡単なお仕事だよ。
簡単なお仕事のはずだったんだよ……


さて、もう一つ事前情報を伝えておくね。
作者の人の会社、社長が高齢でさらに現在後継者がいない状態だよ。

うん、嫌な予感がビンビンしてきたね。

前回の「マオウオツと振り返るDARMAXの歴史「無」の2018年(裏)」でも話したけど
昨年3月に会社のトップ2名を失ったんだよね。
失ったって言っても一人は病気で入院しただけで今はもう良くなってるんだけど。
その入院してた人っていうのが今回一緒に来た社長だよ。
そして問題なのはもう一人、詳細は伏せるけど亡くなってしまった人。
その人が次期社長候補…つまり本来の後継者だったんだよ……

読者のみんなは今後の展開に恐らく察しがついただろうから続きを話すよ。


商談も無事成立し、飲み会へ。
自社の社長も、取引先の社長も作者の人に執拗にお酒を飲ませようとしてくるよ。

泥酔させて襲う気かな???

さすがに上司や客の酒を断るわけにもいかず差し出された酒を飲み干していく作者の人。
アルコールが回り、徐々に判断能力が鈍っていくのを感じていたよ。

さて、作者の人が完全に状態異常「泥酔」になったところで敵のターン。


自社の社長「かずい社長になりなよ」
取引先の社長「そうだよ(便乗)」


こいつら……

事前に手を組んでいたよ……!

今回の出張は…罠ッ……!

いつかは会社を辞めるつもりでいた作者の人を
会社に縛り付けるための罠ッ……!


泥酔し判断能力が鈍っているとは言え、本心は変わらない作者の人。

作者「いや……無理です(泥酔)」

自社の社長「いや、できるよ!去年でかい契約取ってきたし俺が入院中も会社回してただろう!」
取引先の社長「そうだよ(便乗)」

作者「いや……荷が重すぎます(泥酔)」
作者「年齢的にも……自分が一番年下ですし(泥酔)」

自社の社長「社長やるのに年齢なんて関係ないよねぇ」
取引先の社長「そうだよ(便乗)」

作者「いやでも……」



(中略)



自社の社長「やれるよね?」
取引先の社長「やるよね?」


作者「ハイ(泥酔)」



MISSION COMPLETE!!!


おめでとうかずいちゃん!次期社長だよ!

……普通に会社勤めをしている人ならそこそこの業績の会社で出世できるのは
嬉しいことなんだろうけど、作者の人にとってこの仕事は
「ゲーム製作に専念するための資金稼ぎ」でしかないんだよね。
ついでに言うと作者の人はこの仕事が大嫌いだよ。

それが社長になんてなったら「経営」「労働」「責任」全てがのしかかってきて
ゲーム製作に時間を割くことはまず不可能になるよ。

一応社長は「数年やってみて無理そうだったら会社売っちゃっていいから」
とは言っていたけど絶対嘘だよ。

「会社が無くなったら子持ちの社員十数名が路頭に迷うことになる」って
脅してきたヤツの言うセリフじゃないよ。

かずいちゃんの性格を完全に見抜いた上でのブラフ。
間違いなくクロだよこれは。



こうしてかずいちゃんのゲーム製作者としての道は完全に断たれたよ。


やりとり19

▲ご報告。全然おめでたくない。


2019年 2月~3月 諦めきれない



次期社長候補として本社への異動が決まった作者の人。
引っ越しの手続き、片付け、バイトを辞めて、役所に手続きに行って……
当然ゲーム製作に時間をかけることなんてできなかったよ。

引っ越しが終わったら終わったで今度は本社への勤務が始まり、
新たな役職を与えられ、仕事も覚えることも山ほどある。
それでも作者の人は希望を捨てなかったよ。


作者(仕事に慣れて…早く家に帰ることができればゲーム製作できるかもしれない……!)









神「やらせねーよ?」


どうやらかずいちゃんは神様に嫌われてるらしいよ。







2019年 3月 社長、再び倒れる




作者「ま゛た゛か゛よ゛お゛お゛お゛ぉ゛ぉ゛お゛お゛!゛!゛!゛(藤原竜也)」


作者の人が本社に勤務し始めたのは3月。
作者の人に仕事を教えるのは社長。
社長が倒れたのは3月。

作者の人が社長から仕事を教わった期間、2週間。



作者「どうも業務経験2週間、社長代理のかずいです」





やりとり20
▲また鬱再発してないこれ??



2019年 3月~6月 お仕事ロボ、かずいちゃん



この3か月間は一回もゲーム製作には手を付けてないよ。
社長不在の間、社長代理として働いたよ。
全国いろんなところに出張に行ったよ。
頑張ったよ。
ただそれだけだよ。




2019年 6月 限界を超え手に入れたもの



地獄のような3か月を送った結果、作者の人はついに……


やりとり16
▲やっぱりめちゃくちゃキレられた

心身ともに限界を超えていた作者の人。
お得意の過労死芸を披露したよ。

読者のみんなからしたら、ああ…またかって感じだろうけど。
この出来事が思いもよらぬ結果につながったんだよ……!


意外に思うかもしれないけど、かずいちゃんは人に弱音を吐くことはほとんどないんだよね。
立場上と仕事柄、他人(特に年上)にナメられないよう生きてるからここ3か月の激務も
「まあまあキツイけどいけなくもないですわ」というポーズをとっていたよ。表面上はね……

そんな作者の人が失神したのは「副社長」と「常務」の目の前。
目の前で突然人がぶっ倒れたらめちゃくちゃびっくりするよね。

意識を取り戻したかずいちゃんはこれまで我慢してきたものが
とうとう決壊してしまい泣きながら二人に伝えたよ。

「仕事つらいです精神的にも肉体的にも限界です」
「社長になんてなりたくないしこの仕事も好きじゃない」
「本当は別にやりたいことがあるからもう辞めたい」

号泣する大の大人……が、3人。

副社長と常務もかずいちゃんをここまで追いつめていたことに
気づけなかったことを泣きながら謝罪してくれたよ。

そしてその日のうちに……


緊急会議「かずいちゃんを救う会」

出席者は
・社長(復帰直後)
・副社長
・常務
・かずいちゃん
の4名だよ。

社長「後継者がいなければ会社を存続させられない」

社長「自分が死んだら従業員全員を路頭に迷わせることになる」

副社長「だからといって一人の若者の人生を犠牲にしてもいいのか」

副社長「かずいはこの仕事を好きじゃないし他にやりたいことがあると言っている」

常務「自分は後継者になることはできないけど従業員の中から社長候補を育てればいいだろう」

社長「かずいが適任。技術的にはこれから一番成長するだろうし若いやつにやらせたい」

副社長「それは社長のわがまま。ほかにも社長になれる人材はいるだろうし、なりたいと思っている従業員もいるはず」

社長「………………」

社長「そもそもかずいのやりたい仕事って何だ?

かずい「えっ!!?

かずい「…………………」

かずい「……プログラミング関係の仕事(小嘘)」

常務「へえー」

社長「それは……ここ(会社)じゃできない仕事なのか?」

かずい「えっ?いや、時間とPCさえあればできるけど……」

社長「じゃあやっていいから

かずい「……は?

社長「お前が担当してる仕事は他の従業員に分担してやらせるから」

社長「お前は空いた時間で自分のやりたい仕事をやっていい、部屋も与える」

社長「社長業務も他の従業員にやらせる、お前は経営にだけ専念してくれればいい」

社長「だから辞めるなんて言うなよ……」

かずい「…………???」






これどういうこと?





要約すると
・かずいちゃんは社長にならなくてもいい
・社長ではないけど経営者(代表)にはなる
・かずいちゃんがこれまで一人でこなしてきた仕事は従業員が分担して行う
・専用の個室を与えられ、空いた時間はそこで自分の仕事(エロゲ製作)をしていい



なにこれ?

完全勝利じゃん。

かずいちゃんだよ?

運が最低レベルのかずいちゃんだよ?



やりとり14

▲ヴォルデモート卿もマ!?!?!?!?ってなってた



これ、またじゃないの?
かずいちゃん騙されてない……?






ちなみに……

やりとり17

▲思考がブラック企業、かずいちゃん。


2019年 9月 現在



やりとり18

▲そこには仕事中に暇を持て余しヴォルデモートとDMを交わす作者の人の姿が!


あれだけ忙しかった仕事が嘘のように楽になったよ。
そして新たな次期社長候補も決まり、かずいちゃんは来年の3月から
代表という名の社内ニートになることがほぼ決定。

ありえないよ…あのかずいちゃんが……



神「今まで不幸続きだったからバランスとってみた」





神様バランス調整下手すぎじゃない?クソゲー作者かな?




やりとり15
▲平穏が訪れた二人の会話。夫婦漫才かな?




2019年 これから 表のカズイーヌ、裏のかずい



本格的にゲーム製作に専念できるのは来年の3月からだけど、
かずいちゃん、実は今現在も空いた時間を使って水面下でコソコソ活動をしているよ。
先月から私がブログとツイッターを乗っ取ったという「体」になっているけど
実はそれには理由があるんだよ。

みんなも知っての通りかずいちゃんは絶望的に運が悪いんだよね。
今のところはうまくいってるけど、いつどんでん返しが起こるかわからないのがかずいちゃん。
これ以上みんなに期待させるだけさせてガッカリさせるのが嫌なんだって。

だからゲーム製作の進捗報告はせずにひっそりとゲームを作っていくつもりらしいよ。
でもそれだとブログやツイッターも放置状態になっちゃうから代わりにわたしが出てきたんだね。
「かずいちゃん」として喋ってるとどうしても進捗報告したくなっちゃうから。

これからかずいちゃんが表に出てくることはほとんどないだろうけど、
私がブログやツイッターを更新している間はかずいちゃんは元気だって思っていいからね。

というわけでかずいちゃんは死んでるけど元気です。
あとは神様がまたクソみたいなバランス調整をしてこない限りは安心だと思うよ!
そんな感じでかずいちゃんの現状報告、そして
「マオウオツと学ぶDARMAXの歴史」はここでひとまずおしまい!

最後にマオウオツの現在のDL数を発表して終わるよ。
今現在のマオウオツ販売本数は6371本!
年内に6500本までいけば万々歳かな?
あの初動からよくここまで到達したものだよ……




それじゃあ今日はこの辺で。ばいばーい!
かずいちゃん…本当によかったね。



神「ちょっと調整が極端すぎたかな……次はもう少し」



スポンサーサイト
[PR]

コメント

よかった…本当に良かった…本当いつ死ぬんじゃないかと…。本当新作楽しみにしてるんで。神がおかしな調整をしないことを祈ってます。からだに気をつけて頑張ってください。
失神で2時間ぐらい寝たというパワーワード…。
ぜってーかずいちゃん居ないと回らないつって仕事が結局降ってくるやつやぞこれ…
っていうか社長と後継者が倒れたってのも激務すぎるんじゃないのか
かずいちゃん強く生きて
大人でも、辛いときはもっと泣いたり怒ったり愚痴をこぼしたりしたっていいんやで…
これからはかずいさんの運が上向いてくれることを願います。
失神=睡眠

また1つ賢くなりました

かずいさんの言葉選びとか文章がすごく、すごく好きです。
どうぞ十分にご自愛の上、裏(表?)のお仕事頑張ってください!
かずいさんの人生は波乱万丈すぎる
テレビのドキュメンタリー番組に出れそうなぐらいだ
よかった・・・
最初はゲームのファンで進捗見るためにサイトにきてたけど、
途中からかずいさんのファンになってたみたいで、
今とても安心してるよ。良かった……

このままいくと、ゲーム完成して発売された時には感動で泣いてしまうかもしれん。
ちゃんと毎日8時間くらいは失神しようね
そして健やかに生きようね
口は災いの元って言うから不吉なことを言ったり書いたりするのはもうやめようね!
自虐ネタをやめれば運気も上向いてくるかもしれないぞ!
良かった生きてた(心底安心)太字の文
取り合えず本当に体に気を付けてください。ゲームもしたいけどそんなの本当に後回しで良いから…
このブログがきっかけで会社に身バレしないといいのだけど…

勤務時間中に同人エロゲ作ってるのバレたらエロゲみたいに体を差し出せばなんとかなったりはせんぞ
ひとまずかずいさんが助かってよかった・・・。

かずいさんが不幸に襲われても誰もかずいさんのこと責めたりしないから、ファンに対して負い目は感じないでね・・・。
よかったねかずいちゃん(^▽^)
うーん、なんとも壮絶
かずいちゃん復活しとるやん!
申し訳ないけど波乱万丈過ぎて草が生えてしまう
ヴォルデモートさんとかずいさんってもしかして付き合ってるのかな・・・?
かずいちゃんの人生もうちょっと平和でいいんじゃないかな神様
生きがいが増えたよありがとうカズイーヌ
一ヶ月くらいツイブログ更新無かったから心配してたけどツイで生存確認出来てほっとした…
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する